mac-nakayama

空手道MACとは

空手道MAC(マック)は

極真会館に所属していた渡辺正彦代表と石島偉樹副代表が円心塾を経て1980年代に設立しました。

 

「チャレンジ精神」を理念に活動しております。

 

人間は弱いものです。

苦しい時に、逃げず立ち向かえる強い心と身体が必要です。

フルコンタクト空手(直接打撃制空手)は、痛く厳しいものですが、それを学ぶ事で他人に対して「優しさ、思いやり」を持てる人を育てることを目標としています。

 

ジュニア大会「ジャパンカップ・ジュニア空手道選手権大会」や、一般選手の新人戦「ルーキーチャレンジ・カラテトーナメント」などの大会運営も行っています。


渡辺代表が中心となりJKJO(全日本空手審判機構)、副理事としてJFKO(全日本フルコンタクト空手道連盟)の活動も行っております。 

JKJO空手審判機構ホームページ

>>>フルコンタクト空手とは

フルコンタクト空手とは「直接打撃制ルール」を採用する組手試合、また直接打撃制の稽古体系を採用とする空手スタイルのことです。

伝統派空手で一般に採用されている寸止め空手やライトコンタクトの試合規則からは区別されています。