mac-nakayama

空手道MACの歴史

渡辺正彦代表と石島偉樹副代表は国際空手道連盟極真会館・添野道場(現・士道館)に所属していました。

 

直接の師である安田郁雄先生の独立を期に円心塾に移籍。


1980年  5月、東京デザイナー学院内に円心塾の支部<Martial  Arts  Club>として活動開始。


1987年11月、円心塾がテコンドー道場に方向転換したため、

東京デザイナー学院支部Martial  Arts  Club>=<MAC>として独立して活動開始。


1988年11月,「第3回国際交流空手道選手権大会」にて渡辺代表が優勝、石島副代表が第3位入賞。


1990年  9月, 「第9回全日本空手道選手権大会(正道会館)」において渡辺代表はチャンピオン佐竹雅昭と対戦。健闘するもベスト16に終わる。これを期に正式に<空手道MAC>として再出発。


1991年10月、渡辺代表が「’91 KARATE WORLD CUP(正道会館)」に参戦。


1993年  9月、MAC主催の一般新人大会「第1回ルーキーチャレンジ・カラテトーナメント」が開催される。


1994年  4月、石島副代表により「空手道MAC三鷹支部」開設。


1994年  7月、横浜市港北ニュータウンに常設道場「空手道MAC本部道場」が設立。


1994年 10月、丸子孝仁(現・奈良支部長)が「第10回ファイティングオープントーナメント空手道選手権大会                      (白蓮会館)」にてベスト8入賞。


1997年  3月、高瀬元勝支部長により「空手道MAC小牧支部」開設。


1997年  7月、丸子孝仁支部長により「空手道MAC奈良支部」開設。


1998年  7月、栗原啓二(現・千葉、江戸川支部長)が「第15回全日本ウエイト制空手道選手権大会(極真会館)」にてベスト8入賞。


1998年11月、栗原啓二が第14回ファイティングオープントーナメント空手道選手権大会(白蓮会館)」にて                     3位入賞。


1999年  4月、栗原啓二支部長により「空手道MAC千葉支部」開設。


1999年  9月、MAC主催のジュニア大会「第1回ジャパンカップジュニア空手道選手権大会」が開催される。


2001年  5月、MAC主催の上級大会「第1回カラテチャレンジチャンピオンシップ2001」が開催される。丸子孝仁が準優勝、加藤大貴、小林寛明が第三位入賞。


2002年  4月、空手道MAC事務局直轄狭山道場(現・埼玉西支部)開設。


2003年  4月、空手道MAC事務局直轄江戸川道場(現・江戸川支部)開設。


2003年  9月、加川岳彦(現・湘南支部長)を責任者に「空手道MAC本部直轄宮前平道場」開設。


2004年  4月、渡辺代表が中心となり、かねてから空手ルールの統一化を目指して活動してきた「IKJO統一空手審判機構」が「JKJO全日本空手審判機構」と名称を変え活動開始。


2004年11月、空手道MAC、初代全日本指定選手を選定。(加川岳彦、小林寛明、西袋幸司、山路要、吉浜恭介、他)


2007年  9月、「第8回全日本空手道選手権大会(真樹道場)」にて西袋幸司(現・横浜中山支部長)が優勝。


2007年11月、MACジュニア内部試合「第1回ジュニアカップ支部交流」が開催される。


2008年  1月、空手道MAC事務局直轄中山道場(現・横浜中山支部)開設。


2008年  4月、丹羽大輔を責任者に「空手道MAC本部直轄仲町台道場」開設(現・横浜仲町台支部)。


2008年  4月、加川岳彦支部長により「空手道MAC湘南支部」開設。


2009年11月,「第1回全日本空手道選手権大会(JKJO)」にて吉浜恭介が準優勝。 西袋幸司、小林寛明が第四位入賞。


2011年10月,「第3回全日本空手道選手権大会(JKJO)」にて吉浜恭介、的場彰太、山路要が各階級で優勝。


2012年9月、月刊誌「月刊フルコンタクトカラテ2012年9月号」にて空手道MACの特集記事が掲載される。

 

2012年10月、「WKO空手ワールドカップ(WKO)」にて大野絵美菜が優勝。吉浜恭介、的場彰太が準優勝。

 

2013年11月、ポーランドで行われた「第27回全ヨーロッパ極真空手道選手権大会(KWF)」にて 吉浜恭介、的場彰太、大野絵実菜が各階級で優勝。

 

2014年5月、「第1回全日本フルコンタクト空手道選手権大会」にて大野絵美菜が準優勝。的場彰太が第三位入賞。

 

2014年9月、「全日本クラス別空手道選手権大会」にて山嵜智世と谷藤糸音が決勝戦で同門対決。激闘の末、山嵜が優勝。


2014年11月、月刊誌「月刊フルコンタクトカラテ11月号」”JKJO RISING 関西"の記事に山地 要、的場彰太が紹介される。

 

2014年12月、月刊誌「月刊フルコンタクトカラテ12月号」”JKJO RISING 関東"の記事に西袋幸司、大野絵実菜が紹介される。